博物館の活動

職員の活動

学芸員紹介

トピックス

研究と事業

 名古屋市博物館の学芸課では、様々な知識を持った学芸員が研究・展示・教育などの事業に励んでいます。また、文化財専門のカメラマン、学校現場と博物館との連携を強めるための教員経験者や広報担当職員も所属しています。

名古屋市博物館

学芸課長

瀬川 貴文 せがわ たかふみ

考古 専門:古墳時代

 古墳時代、焼き物、伊勢湾台風関係資料など色々な資料に関わっています。また、展示だけでなく、他団体と協働した様々な事業のなかで博物館資料の魅力をいかに伝えるかを模索しています。

学芸係長

武藤 真 むとう まこと

文書・典籍 専門:近世祭礼・見世物

 「ええじゃないか」やおかげまいり、祭礼文化など、民衆史を中心に取り組んでいます。また、博物館や資料を資源として地域とともに活用していく活動に関心を持っています。

主査(収集・保管担当)

山田 伸彦 やまだ のぶひこ

美術・工芸 専門:仏教美術・郷土の画家

 お寺を調査して仁王像の肩に登ったり、取り壊し前の旧家の土蔵から屏風を探し出したりしています。調査をさせていただける機会があれば、お気軽に声をかけてください。

主査(広報・普及担当)

森 幸江 もり さちえ

 学芸員ではありませんが、日本の歴史、古い絵画や書物、古典文学などが好きです。博物館をきっかけに、名古屋のうつりかわりをはじめとしたいろんなことに、たくさんの皆さんが興味を持ってくださると嬉しいです。

学芸員

岡村 弘子 おかむら ひろこ

考古 専門:歴史考古学・中近世都市史

 「まち」や「生活空間」をテーマに、身近なところから地域の歴史をさぐっています。現在刊行中の『豊臣秀吉文書集』の編集から、三英傑を支えた名古屋の“底力”を解き明かしたいと思っています。

西澤 光希 にしざわ みつき

考古 専門:近世考古学

 近世の大名家墓所や名古屋市内にのこる石造物の調査・研究をしつつ、その成果や館蔵の考古資料の魅力を伝えるための展示内容や発信方法を日々模索しています。

冨田 航生 とみだ こうせい

考古 専門:縄文時代

 令和4年4月より勤務しております。大学院では主に考古学、特に日本の縄文時代について学んで参りました。昨年まで学生だった若輩ですが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。

塚原 明子 つかはら ひろこ

美術・工芸 専門:工芸史

 館蔵工芸資料の「銘」や意匠に込められた意味、その背景にある物語に関心が出て参りました。少しずつ勉強していきたいと思います。

津田 卓子 つだ たかこ

美術・工芸 専門:近世絵画・浮世絵

 江戸時代における名古屋の画壇を、当時の出版事情もあわせて探っていきたいと思っています。また館蔵の浮世絵コレクションの活用をはかることも目標としています。

横尾 拓真 よこお たくま

美術・工芸 専門:近世絵画史

 当地域に縁のある美術品を中心に、それが生み出された社会や文化にも興味を広げて勉強しています。本年度は、常設展テーマ10で「春江院の襖絵」の展示を担当いたします。

加藤 和俊 かとう かずとし

文書・典籍 専門:古代史・城郭・戦前期

 観覧される方々と展示物との間に人間 (学芸員やボランティア)が立つことで、展示品の魅力や関連する話題を展開できる「お話のチカラ」に、一層精進したいと思っています。今年度は企画展「戦前を生きる」などを担当します。

木村 慎平 きむら しんぺい

文書・典籍 専門:日本近現代史・尾張藩の明治維新史

 蓬左文庫と名古屋城での勤務を経て、久しぶりに博物館に戻ってきました。明治維新期~近現代におけるこの地域の歴史について、幅広く関心をもっています。これまでの経験を活かして、館蔵資料にも新たな光を当てられるよう頑張ります。

羽柴 亜弥 はしば あや

文書・典籍 専門:中世史・織豊期

 地域に残された古文書を読み解き、名古屋の歴史を探っています。現在は『豊臣秀吉文書集』の編集の中で、秀吉と尾張の関係に興味を持ち勉強をしています。また、市民の方からの情報をもとに、調査に出かけています。去年も多種多様なおもしろい資料に出会うことができました。古文書に関する情報がございましたらお声がけください。

佐野 尚子 さの なおこ

民俗 専門:衣食住・祭り

 先人たちの生きた歴史やくらしの知恵・工夫を見ていくことに関心があり、昔の道具を通してそれらをみていければと思っています。市内で昔の道具の情報を得たときは、お話を聞いたり使い方を見せてもらったりというふうに、道具だけでなく形に残らない事柄も記録として残していきたいです。特に展覧会を行った“衣”に関することを中心に、新たな疑問や視点をさらに深く調べています。また、こつこつ地域のお祭りを見て歩いています。

鈴木 雅 すずき まさし

民俗 専門:江戸時代を中心にいろいろ

 地域に伝わる古文書を読んだり、お祭りの撮影に出かけたり、寄贈資料にまつわる思い出を聞かせてもらったりしています。
 好きな資料は裁許裏書絵図、最近気になる歴史上の人物は尾張藩士の堀弥九郎です。

天野 卓哉 あまの たくや

民俗 専門:民俗学

 令和3年4月より勤務しています。これから名古屋を中心に尾張の民俗文化に出会うことができると思うとワクワクしています。みなさんからいろいろなことを教えていただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

藤原 吉希 ふじわら よしき

文化財撮影

 令和4年4月より学芸課に勤務しております。地域のさまざまな文化財と向き合いながら撮影技術を磨いていけるよう精進してまいります。よろしくお願いいたします。

その他職員

中村 文香 なかむら あやか

 令和4年4月に学芸課にまいりました。広報担当として、展示やイベント情報など博物館の活動をみなさまにお伝えします。名古屋の歴史や文化を自らも勉強しながら、日々の仕事の中で発見したことなど、名古屋市博物館の“面白い”を発信していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

坂野 利光 ばんの としみつ

学校連携

 令和2年より博物館にまいりました。団体見学や小学校3年生向けの「なごやのうつりかわり体験事業」、職場訪問・職場体験、「出前歴史セミナー」など、学校との窓口をしています。多くの学校の児童・生徒の来館をお持ちしております。

白山 由華子 しらやま ゆかこ

 令和2年8月より学芸課に勤務しております。初めての業務にご指導を頂きつつ、早く仕事に慣れるよう、日々誠実に取り組んで参ります。

加藤 千沙 かとう ちさ

 令和3年4月より会計年度職員として学芸課に勤務しております。資料整理などを中心に、地元であるこの地域の魅力を発信するお手伝いができればと思います。よろしくお願いいたします。

亀井 久美子 かめい くみこ

 令和3年4月より学芸課に勤務しております。ご指導を頂きながら、資料整理など様々な業務に従事し、皆様のお役にたてるよう励んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします。

鵜尾 三四郎 うお さんしろう

 令和3年6月より学芸課に勤務しております。資料整理やその他補助業務を通じて、博物館の事業に少しでもお役に立てられるよう尽力いたします。よろしくお願いいたします。

 
石川 実可子 いしかわ みかこ

 西洋の美術史が専攻のため当館とは毛色が異なりますが、先人たちが残した貴重な資料を見て時代の移り変わりを学ぶことが好きです。地域の皆様と共に資料の学びを深め、広く普及していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

名古屋市蓬左文庫

学芸員

星子 桃子 ほしこ ももこ

文典・典籍 専門:日本書道史

 一昨年まで本館に勤務し、今年度から蓬󠄀左文庫へ配属されました。名古屋叢書四編の出版などを通じて蓬󠄀左文庫と尾張の魅力をお伝えできるように努めたいと思います。また、本館時代から取り組んでいる近代尾張の書の調査・研究も進めていきたいと思っています。

会計年度職員

井上 善博 いのうえ よしひろ

民俗 専門:民具・産業

 平成27年3月末日をもって定年退職いたしました。学芸員としてのこれまでの経験を生かし、市民の皆様からご寄贈いただきました数多くの民具や絵葉書などの整理をおこないたいと思っています。鳥瞰図にも引き続き取り組みます。

酒井 喜代枝 さかい きよえ

司書

 平成31年4月から勤務しています。閲覧業務や洋装本の目録作成等を担当しています。

坂東 彰 ばんどう あきら

司書

 令和4年4月から勤務しています。
 閲覧業務や洋装本の整理等を担当しています。

名古屋市秀吉清正記念館

学芸員

小西 恒典 こにし つねのり

民俗 専門:漁業・地域民俗学・近代都市史

 秀吉清正記念館がある中村公園は、明治36年(1903)に、豊臣秀吉生誕地の保存を目的として開園しました。園内、周辺には多くの歴史スポットがあります。
 当館と併せて、歴史散歩をお楽しみください。

粕谷 亜矢子 かすや あやこ

民俗 専門:民俗芸能、江戸期の祭礼、民間信仰など

 地域の江戸期の古文書を読み、江戸期の祭礼の様子を探ったり、祭礼を撮影するのが好きです。また、そこかしこを歩いていて、寺社の灯籠、道標、民間信仰の石造物などを見つけるのも好きです。
 久しぶりの博物館勤務でなれないことも多々ありますが、皆様のお役に立てるよう頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いします。