博物館の自己紹介

館長あいさつ

名古屋市博物館 館長 伊藤彰

館長 伊藤彰

 名古屋市博物館公式ホームページへようこそ。

 名古屋市博物館は、名古屋市の人口200万人突破記念事業の一環として、昭和52年(1977)10月1日に開館した歴史系博物館です。名古屋を特徴づける歴史資料を市民の共有財産として収集・保管し未来の市民へと伝えていくことが博物館の最も大切な使命であり、今日までに市民の皆様からの寄贈品を中心に収集してきた資料も約2万2千件、24万点に達しました。これを資源として様々な調査研究が行われ、また市民の皆様にその成果を還元するため、国内外の優れた文化遺産を紹介する特別展と、名古屋を中心とした尾張地域の歴史文化を掘り起こす企画展とを軸に、出版や講座などの事業を行って参りました。

 また、姉妹館提携協定を結んでいるオーストリアのウィーン市博物館との交流や、平成24年度にはメキシコにおいて名古屋の歴史文化を紹介する展覧会も開催するなど、名古屋の情報を世界へ発信しています。

 建設時の名古屋市博物館基本構想は、「地域社会に立脚するとともに、日本史・世界史への展望をもち、市民の要請に応えて、新しい時代における自己を認識した市民像の構成に資することを目的とする」とうたっています。開館から40年近い時を経て、博物館では次の40年を見すえ、「感動をよびさます博物館」をテーマに新しい博物館のあり方を検討しております。

 これからも市民の皆様に喜んでいただける博物館でありつづけるために、館員一同努力して参ります。