コレクション

熟覧と写真の利用

所蔵品の熟覧

名古屋市博物館の所蔵品(博物館資料)の熟覧、模写、拓本、実測などをご希望の方は、博物館学芸課までお問い合わせください。学術目的の調査で、写真・マイクロフィルム等の手段で代替できず、資料に直接あたる必要がある場合に限ります。資料の保存に影響を及ぼすおそれがあるなど、お断りする場合もあります。調査を行う部屋や立会人の調整が必要なので、期日に余裕を持ってご予約ください。所定の利用料が必要ですが、目的によって減免される場合があります

寄託品については、所有者の承諾書(コピー可)を提出してください。口頭での承諾は認めません。寄託者への仲介は行いません。

印刷物等に掲載する写真は当館撮影の画像を提供しますので、原則として撮影はお断りしています。

担当:学芸課資料係 電話052-853-2655(休館日853-2658) ファックス853-8400

写真の利用

当館が主催事業の広報のため提供する写真をのぞき、当館の所蔵品および、当館が撮影した寺社等の所蔵品の写真を、印刷物への掲載・テレビ等の放映・インターネットサイトへの掲載などに利用する場合、所定の手続き(特別利用)が必要です。写真は当館から提供し、他の媒体からの転載は認めません。くわしくはお問い合わせください。

担当:学芸課資料係 電話052-853-2655(休館日853-2658) ファックス853-8400

注意事項

  • ※ 所定の利用料とデータ作成実費が必要です。
  • ※ 申込みから写真の提供まで2週間~1ヶ月程度かかります。
  • ※ 商品化や商品の宣伝材料など商業利用目的の場合、お断りする場合があります。
  • ※ 極端な画像加工など資料のイメージを損ねるような場合、お断りする場合があります。
  • ※ 掲載・収録した印刷物・映像は当館に1部納入していただきます(抜き刷り不可)。
  • ※ インターネットサイトへの掲載は画像コピー防止対策を講じていただきます。
  • ※ 違反があった場合、以後の利用をお断りします。
  • ※ 具体的な資料名を特定の上ご連絡ください。照会に時間がかかります。
  • ※ 当館の所蔵品以外は所有者の承諾書(コピー可)を提出してください。