催し物

イベント

展覧会をみるだけでお帰りですか?
博物館では古書市などのイベントや、手を動かして歴史や郷土の文化を体験するワークショップなどさまざまな催しをご用意しています。

  • 名博の定番企画:毎年ご好評をいただいているイベント・ワークショップです。
  • 本年度の特別企画:本年度特別に企画したイベント・ワークショップです。
  • 展覧会関連イベント:展覧会に連動したイベント・ワークショップです。

担当:学芸課 電話052-853-2655(休館日853-2658) ファックス853-8400
お問い合わせの折には、当館の電話番号をご確認いただき、お間違えの無いようご注意ください。

名博の定番企画

歴史体験セミナー「むかしのおもちゃで遊ぼう!」

コマやお手玉など、電気を使わない昔のおもちゃで遊んでみましょう。

2019年7月17日(水曜)から9月1日(日曜) 開館日の9時30分~16時30分

会場:2階ロビー 料金:無料

ワークショップまつり

2階常設展示室にて、博物館ボランティアが用意したワークショップまつりを開催します。楽しく遊びながら、夏休みの自由研究もできるかも?!
見て、触れて、考えて、デジタルでは味わえない体験にぜひご家族でチャレンジしてください。夏のひととき、はくぶつかんで楽しい一日を過ごしてみませんか。

日時
2019年7月27日(土曜)・28日(日曜)
10:00~15:00(常設展観覧は17:00まで)
会場
 名古屋市博物館2階常設展示室
料金
 常設展観覧料が必要です(中学生以下無料)
一般300円/高大生200円・市内在住65歳以上(要敬老手帳)100円

展示資料の石器や体験用の石器が並べられている写真

昨年の様子(石器体験)

ナイトミュージアム企画 「月のれきしツアー」

夜の博物館で二千年の時を駆け抜ける「月のれきしツアー」はいかがですか?
人類が月面着陸を果たした昭和44年(1969)から今年でちょうど50年。「月」をとらえようとする人々の歩みをたどります。

日時:令和元年(2019)8月4日(日曜日)
18時30分から20時(終了時刻は当日の状況次第で変更あり。)

会場:名古屋市博物館常設展示室

参加費:無料

平成30年のナイトミュージアムの様子。

平成30年のナイトミュージアムの様子

歴史体験セミナー「自分だけのまが玉づくり」

子どもが濡れた白い石をやすりで削っている写真

滑石をけずる様子

不思議なかたちの古代の人が身につけたかざり。まが玉をつくってみましょう。

日時:2019年8月24日(土曜)・25日(日曜) (事前申込み制)
各日とも1回目:10時~11時30分、2回目:13時30分~15時

定員:各回50人(合計200人) 小学校3年生以下は保護者同伴が必要

参加費:1人400円

申込み方法:①②のどちらかの方法でお申し込みください。

募集期間:2019年7月1日(月曜)から7月19日(金曜)(必着)

①往復はがき
参加者全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号・希望日時を記入のうえ、
〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1丁目27-1 名古屋市博物館
歴史体験セミナー「自分だけのまが玉づくり」係
までお申し込みください。なお、郵便料金改定(平成29年6月)以前に購入した往復はがきの料金不足にご注意ください。

②インターネット名古屋市電子申請サービス
https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp
募集期間内に必要項目を記入して、お申し込みください。

  • ※1通で2人までお申し込みできます。応募後のメンバー変更はできません。
  • ※1組(または1人)につき、1通のみ応募できます。同じ人やグループでの複数応募は受け付けません。
  • ※付き添いのみで自身の分は製作しない保護者は人数に含みませんが、どなたが付き添う予定かご記入ください。
  • ※障害などにより特別なサポートが必要なかたは、申込時にご相談ください。
  • ※取得する個人情報は本事業に関する連絡・集計のみに使います。

はくぶつかん古書市

名古屋古書籍商業協同組合の協力により、郷土史資料を中心とした古書市を開きます。当館刊行物のディスカウントセールもあります。

開催期間:2019年12月7日(土曜)から12月15日(日曜))

歴史体験セミナー「おいしく作ろう おこしもん」

白衣を着て手に白いかたまりを持った男性の周囲にマスクを付けた子供たちが集まって説明を聞いている写真

平成27年(2015)の様子

ひなまつりゆかりの郷土菓子「おこしもん」を作ります。

日時:2020年2月22日(土曜)(事前申込み制)
1回目:10時~11時、2回目:11時30分~12時30分

定員:各回60人(合計120人) 小学校3年生以下は保護者同伴が必要。

参加費:1人400円

申込み方法:①②のどちらかの方法でお申し込みください。

募集期間:2020年1月6日(月曜)から1月29日(水曜)(必着)

①往復はがき
参加者全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号・希望する回を記入のうえ、
〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1丁目27-1 名古屋市博物館 歴史体験セミナー「おこしもん」係
までお申し込みください。なお、郵便料金改定(平成29年6月)以前に購入した往復はがきの料金不足にご注意ください。

②インターネット名古屋市電子申請サービス
https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp
募集期間内に必要項目を記入して、お申し込みください。

  • ※1通で2人までお申し込みできます。応募後のメンバー変更はできません。
  • ※1組(または1人)につき、1通のみ応募できます。同じ人やグループでの複数応募は受け付けません。
  • ※付き添いのみで自身の分は製作しない保護者は人数に含みませんが、どなたが付き添う予定かご記入ください。
  • ※障害などにより特別なサポートが必要なかたは、申込時にご相談ください。
  • ※取得する個人情報は本事業に関する連絡・集計のみに使います。

本年度の特別企画

歴史まつり2020~令和のときあるき~

名古屋市立大学の博物館サポーターMAROの企画による、歴史ゲームやクイズなど で構成されるイベント「歴史まつり2020~令和のときあるき~」を開催します。

※名古屋市博物館サポーター「MARO(マロ)」
大学と博物館の連携により地域の活性化を目指す名古屋市立大学公認団体です。2011年の発足以来、名古屋市博物館の協力のもとでイベントの企画から運営まで行っています。

 

内容
「貝合わせ」
 ・・・昔の貴族の遊び「貝合わせ」を、かんたんなルールにして体験します。
「太閤検地」
 ・・・田んぼの面積を計算して、年貢として納める米の量を導き出します。
「巻物作り」
 ・・・ミニチュアの巻物を作ります。
「ブックカバー」
 ・・・和綴じ本風のカバーに、MAROシールでデコレーション
「クイズビンゴ」
 ・・・9個のマスにボールを投げて、入った番号のクイズに挑戦します。
「スタンプラリー」
 ・・・各ブースなどにあるスタンプを集めて、イベントをコンプリートしよう!

チラシ表

チラシ裏

日時
  • 令和2年(2020)2月15日(土曜)・16日(日曜)
  • 各日とも10:00~15:30(15:00受付終了)
会場

名古屋市博物館2F常設展示室・エントランスホール

参加費
  • 常設展観覧料が必要(中学生以下は無料)
  • 一般300円・高大生200円(要学生証)・市内在住65歳以上100円(要敬老手帳等)
  • ※事前申し込みは不要です。

まろじぇくと!~MARO PROJECT~「名市探偵~まろいぬの帰還~」

「実は…愛犬まろいぬが博物館からいなくなってしまったんです…!」 ある日、見習い探偵のあなたの元に名古屋市博物館から依頼が来る。
「まろいぬを探して頂けないでしょうか…?」
まろいぬはなんと別の時代へタイムスリップ!?
ミニゲームや謎解きをクリアして、道具や目撃証言を集め、まろいぬを探し出せ!
【名古屋市博物館サポーター「MARO(マロ)」とは?】 大学と博物館の連携により地域の活性化を目指す名古屋市立大学公認団体です。2011年の発足以来、イベントを名古屋市博物館の協力のもとで企画から運営まで行っています。

 

日時
  • 令和元年(2019)9月7日(土曜)、8日(日曜)
  • 各日10:00~16:00(15:00受付終了)

虫眼鏡を持った男の子と後ろからのぞき込む女性。

「名市探偵~まろいぬの帰還~」イメージ

会場

名古屋市博物館2F常設展示室

参加費
  • 常設展観覧料が必要(中学生以下は無料))
  • 一般300円・高大生200円(要学生証)・市内在住65歳以上100円(要敬老手帳等)
  • *事前申し込み不要。

平成31年度 考古学セミナー

考古学セミナーは、愛知及び近隣の考古学的な活動の発表会です。若手研究者の研究発表や地域での教育普及活動、ホットな話題を取り上げたセッションなど、愛知県内の最新の考古学情報をお楽しみください。

 

日時
  • 2019年12月7日(土曜)・8日(日曜)

来場者が張り出された発表ポスターや陳列された出土資料を見ているところの写真

平成29年度考古学セミナーの様子

場所

名古屋市博物館講堂・展示説明室