展示

特別展

特別展
不思議の国のアリス展

展覧会バナー

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、中止いたしました。

 名作『不思議の国のアリス』が、英国の作家ルイス・キャロルによって世に送り出されてから150年余り。物語は170もの言語に翻訳されており、発行部数は1億部の世界的ベストセラーとなっています。少女アリスが迷い込む不思議な世界、次々に登場するキャラクターと奇想天外なストーリーは、今も多くの人々を魅了してやみません。
 本展は、日本初公開となる作品も含め、個性豊かな資料の数々より、アリスの物語誕生秘話から、影響を受け生み出され続ける現代作品までを紹介し、アリスの不思議な魅力の秘密を探っていきます。

「不思議の国のアリス展」をより楽しむためのポイント

  • 名古屋市博物館初の試み「リアル脱出ゲーム」開催
    SCRAPとのコラボレーションが実現し、展示期間中は会場内にて「脱出ゲーム」をお楽しみいただけます(有料)。開館日は毎日11時から15時に謎解キットを販売しております。謎解きファンの皆様お見逃しなく!
  • 写真撮影OKエリア
    本展覧会には、写真撮影が可能なエリアがございます。不思議でかわいい撮影スポットもご用意しております。まるで不思議の国に迷い込んだような写真をお楽しみください。
  • ゆったりと静かに展覧会を鑑賞したい方は朝がおすすめ!
    9時30分から11時までは、脱出ゲーム販売開始前のため、比較的ゆったりと静かにご観覧いただけます。アリスの不思議な魅力をじっくり感じてみてください。

展覧会情報

展覧会名称

特別展「不思議の国のアリス展」

会期

令和2年(2020)4月18日(土曜)~6月14日(日曜)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は、その直後の平日)、第4火曜日

※5月4日(月曜・祝日)は開館、5月7日(木曜)は休館

開館時間

9時30分から17時(入場は16時30分まで)

会場

名古屋市博物館1階 特別展示室・部門展示室

主催

名古屋市博物館、東海テレビ放送、ぴあ、東映

後援

日本ルイス・キャロル協会、ブリティッシュ・カウンシル

協力

SCRAP、聖徳大学・聖徳大学短期大学部、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、マクミラン社、武蔵野興業

公式HP

http://www.alice2019-20.jp/

観覧料

一般 高大生

小中生

1,400円(1,200円)

1,000円(800円)

600円(400円)

  • ※カッコ内は前売りおよび20名以上の団体料金。
  • ※高大生・中学生は学生証の提示が必要。
  • ※本展の観覧券は、名古屋市博物館、チケットぴあ(Pコード:685-145)、ローソンチケット(Lコード:42665)、セブンイレブン、ファミリーマート、ぴあ店舗他で販売します。
  • ※前売券は令和2年(2020)年4月17日まで販売。会期中は当日料金にて販売。
  • ※名古屋市交通局のドニチエコきっぷ、一日乗車券を利用して来館された方は当日料金より100円割引。
  • ※障害のある方は手帳の提示、難病患者の方は受給者証の提示により、本人と介護者2人まで当日料金の半額になります。
  • ※各種割引を重複してご利用いただくことはできません。

障害者等割引観覧券のオンライン販売について

本展では障害者等割引観覧券をローソンチケットにて販売します。(Lコード:42665 令和2(2020)年6月14日(日曜)15時まで販売

当日券

障害者等割引観覧券

一般

1,400円

700円

高大生

1000円

500円

小中生

600円

300円

  • ○上記、割引観覧券を利用される障害のある方または難病患者の方は、特別展会場に入場する際に、障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証をご提示ください。本人と介護者2名まで当日料金の半額でご観覧いただけます。
    購入例:障害のある高校生1名に大人の方1名が介護で付き添われる場合[高大生500円+一般700円]でご観覧いただけます。
  • ○手帳または受給者証のご提示がない場合は、当日券との差額をお支払いいただきます。
  • ○会期前(4月17日まで)に割引観覧券をお求めいただく場合でも、前売割引はありません。
  • ○事前に割引観覧券をお買い求めいただいた場合でも、介護者のみではご入場いただけません。当日券との差額をお支払いいただきます。
  • ○場外販売はローソンチケットのみです。ローソン、ミニストップ以外のコンビニエンスストア、他のプレイガイド等では取り扱っておりません。
  • ○従来どおり、特別展会期中に名古屋市博物館窓口でお買い求めいただくこともできます。

相互割引のご案内

 下記の各展覧会観覧券(半券可)のご提示で特別展「不思議の国のアリス展」の当日料金を100円割引いたします。
 また、同様に「不思議の国のアリス展」の観覧券(半券可)で下記の各展覧会を当日料金の100円割引でご覧いただけます。
 いずれも1枚につき1名様のみ有効で、他の割引制度との併用はできません。

  • ◎大浮世絵展 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演
    2020年4月3日(金)~5月31日(日)
    愛知県美術館
  • ◎みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術
    2020年4月25日(土)~6月28日(日)
    名古屋市美術館

特別先行前売券

 英国ロンドンに1号店を置く「ハードロックカフェ」とのコラボレーション。限定ピンバッチ付の特別前売券を数量限定で販売します。不思議の国のアリス展でしか手に入らないレアピンバッチです!

  • 【特別先行前売券】3,200円(ハードロックカフェオリジナルピンバッチ付き/数量限定)
  • 【販売期間】令和2年(2020)2月12日(水曜)から4月17日(金曜)(数量に達ししだい販売終了)
  • 【取扱プレイガイド】チケットぴあ限定(Pコード685-144)

※ピンバッチ単独の販売はありません。

※ピンバッチは名古屋展会期中に会場でお引換えします。

ピンバッチのしゃしん

展示構成

第1章 始まりの話―アリス誕生

 1862年のある夏の午後、アリスと二人の姉妹を連れてボートでの遠出に出かけたキャロルは、三姉妹からお話をするようせがまれます。そこで生まれた物語が『不思議の国のアリス』の原点となった『地下の国のアリス』です。この話をとても気に入ったアリスが「今日のお話を本に書いて」とねだったので、キャロルは自筆の挿絵入りの本を完成させてアリスに贈ったのでした。その後、周囲から出版を勧められることになったキャロルは、人気画家ジョン・テニエルに挿絵を依頼し、1865年に『不思議の国のアリス』として出版しました。
 第一章では、初版本など貴重な資料をはじめ、テニエルが描いた『鏡の国のアリス』の挿絵の原案(日本初公開)などの資料から、アリス誕生秘話を紹介します。

少女の肖像画

チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン≪アリス・リデルの肖像≫(複製)
From The New York Public Library

下絵

ジョン・テニエル『鏡の国のアリス』
『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵
≪握手してつかわそうではないか!≫
John Tenniel,“You may shake hands!”.The Rosenbach,Philadelphia

第2章 アリスの物語―不思議の国への招待

 『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』はそれぞれ12の章からなっています。2つの物語は、シロウサギやチェシャネコ、ハンプティ・ダンプティなど、アリスを助けたり、困らせたり、怒らせたりする魅力的な登場人物にあふれています。
 本章ではこの2つの物語を、現在活躍中の世界的に有名な7名のアーティストの作品によって紹介していきます。物語を読んだことがない人でも、知らず知らずのうちにアリスの世界に引き込まれることでしょう。アリスと一緒に不思議の国に迷い込んでみてはいかがでしょうか。

お茶会の絵

ヘレン・オクセンバリー『不思議の国のアリス』第7章より
≪へんなお茶会≫©Helen Oxenbury

塀に座る男の絵

ジョン・ヴァーノン・ロード『鏡の国のアリス』第6章より
≪ハンプティ・ダンプティ≫©John Vernon Lord

第3章 アートの国―世界が愛する永遠のアリス

 『不思議の国のアリス』は、本だけにとどまらず、映画やアニメーション、舞台など様々な分野で、多くの芸術作品の中で、その姿を見ることができます。これは、アリスの世界観が誕生してから現在まで、多くの人々の創作意欲を刺激し続け、広く愛されてきたためです。
 本章では、多種多様な「アリス」を一堂に集め、この物語の不思議な魅力に迫ります。アーサー・ラッカム、エリック・カール、ヤン・シュヴァンクマイエル、サルバドール・ダリ、マリー・ローランサン、草間彌生、清川あさみ、山本容子など、多彩なジャンルのアーティストたちの作品を紹介します。

ねこのようないもむしの絵

エリック・カール≪チェシャネコいもむし≫
"Cheshire CAT-erpillar" created by Eric Carle,2018.
Image reproduced with permission from the Eric Carle Studio.

泣いている少女の絵

清川あさみ≪涙の池≫©AsamiKiyokawa

金魚鉢の絵

草間彌生≪金魚鉢≫1984年 松本市美術館蔵

関連事業

展示説明会

日時:
4月29日(水・祝) 13時30分~14時30分(開場13時)
会場:
1階展示説明室
講師:
当館学芸員

当日先着100名、聴講無料

ロビーコンサート

日時:
5月6日(水・休) 15時30分〜16時00分(予定)
会場:
当館1階ロビー
出演:
ヴァイオリン 苅谷なつみ

ピアノ    植村里穂
協力:
宗次ホール

朗読会

日時:
5月9日(土)、17日(日) ①11時 ②13時30分(開場は30分前、各回30分程度)
会場:
1階展示説明室
朗読:
東海テレビ放送アナウンサー

当日先着100名、聴講無料

※関連事業で、手話通訳・要約筆記など特別なサポートを必要とする方は、当日の2週間前までに名古屋市博物館(TEL:052-853-2655 FAX:052-853-3636)までご相談ください。

リアル脱出ゲーム

リアル脱出ゲーム「不思議の国からの脱出」
全世界で600万人を動員する「リアル脱出ゲーム」とコラボレーションが実現!
専用のキットを使って次々と現れる謎を解き明かし、不思議の国から脱出しよう!
【謎解きキット】1,500円 ※別途、展覧会観覧券が必要です。
【販売時間】11時~15時
※混雑時には時間変更および販売を制限する場合がございます。ご了承ください。

本展の展示作品は一部、写真撮影OKです。

第2章は写真撮影可能です。撮影にあたっては以下の条項をお守りください。
  • ・他の来館者の鑑賞の妨げにならないよう、ご注意ください。
  • ・他の来館者が映りこまないよう、ご注意ください。
  • ・シャッター音や周囲にご配慮の上、長時間の撮影はご遠慮ください。
  • ・会場の状況によっては撮影をご遠慮いただく場合がありますので、ご了承ください。
  • ・本展の展示作品は額装されている、またはケース内に展示されているため、ガラスによる反射・映りこみがあります。
  • ・フラッシュ、ライトの使用は禁止です。
  • ・動画での撮影は禁止です。
  • ・三脚や一脚、自撮り棒等の使用は禁止です。
  • その他、作品の保護・安全のため、当館の指示に従ってください。
撮影した画像の使用について
  • ・画像の使用は私的なものに限ります。それ以外の用途での使用は固く禁じます。
  • ・Webサイト・ブログ・SNS・電子メール等での掲載は個人での使用に限ります。
  • ・営利目的での使用は固く禁じます。
  • ・投稿や公開等の際、他の来館者の肖像権に抵触する場合があります。ご注意ください。
  • ・画像掲載による第三者とのトラブルに関して当館では責任を負いかねます。画像の取り扱いにくれぐれもご注意ください。

*一部チラシにて「第1章、第2章は撮影可能です。」と記載されていましたが、正しくは「第2章とフォトスポットのみ撮影可能です」。お詫びして訂正させて頂きます。

不思議の国のアリス展」名古屋会場 オープニングイベント

トークイベント「アリス展×QuizKnockコラボの裏側」

日時:
2020年4月18日(土)

第一回:13時00分~14時00分(開場12時30分)

第二回:15時00分~16時00分(開場14時30分)
会場:
テレピアホール

(〒461-0005 名古屋市東区東桜1-14-25 テレピアビル2階)
講師:
QuizKnock(伊沢 拓司氏・志賀 玲太氏)
定員:
各回450名 ※未就学児不可
参加費:
全席指定:3,500円(税込)

(本展オフィシャルブック+本展観覧料+音声ガイドチケット付)
チケット:
チケットぴあ限定販売

詳細はこちら https://t.pia.jp

「不思議の国のアリス展」×宗次ホール提携企画

スイーツタイムコンサート「不思議の国のアリス展」コンサート

日時:
2020年5月25日(月)

13時30分開演(13時開場)
会場:
宗次ホール(〒460-0008 名古屋市中区栄4-5-14)
出演:
チェロ 新井康之

ピアノ 天野初菜
一般自由席:
2,200円
チケット:
宗次ホールチケットセンター  TEL:052-265-1718

チケットぴあ             TEL:0570-02-9999〔Pコード:178-537〕
お問い合わせ:
宗次ホール https://munetsuguhall.com/