展示

  • 特別展 発掘された日本列島展2019・地域展「尾張の城と城下町 三英傑の城づくり・町づくり」

特別展

発掘された日本列島展2019・地域展「尾張の城と城下町 三英傑の城づくり・町づくり」

発掘された日本列島展2019バナー

 日本では全国で毎年8,000件以上の埋蔵文化財の発掘調査がおこなわれています。その中でも、近年成果がまとまった注目の12遺跡を時代毎に選りすぐって紹介するものです。あわせて被災地の埋蔵文化財の紹介や、史跡名勝天然記念物保護に関する特集展示を行います。 同時開催する地域展では、「三英傑」と称される信長・秀吉・家康が関わった尾張地域の城から、城づくり・町づくりの様子を最近の発掘成果も含めて紹介し、戦国時代から江戸時代への変革をたどります。 全国と地域、2つの展示を通じて、埋蔵文化財の豊かな世界に触れていただければ幸いです。

展覧会情報

展覧会名称

特別展 発掘された日本列島展2019・地域展「尾張の城と城下町 三英傑の城づくり・町づくり」

会期

令和元年(2019)11月16日(土曜)から12月28日(土曜)

休館日

毎週月曜日(祝休日の場合は開館、翌平日休館)
第4火曜日(11月26日・12月24日)

開館時間

9時30分から17時(入場は16時30分まで)

会場

名古屋市博物館1階 特別展示室・部門展示室

主催

文化庁、名古屋市博物館、中日新聞社、全国新聞社事業協議会、名古屋市教育委員会、愛知県教育委員会、(公財)愛知県教育・スポーツ振興財団

協力

全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会、全国埋蔵文化財法人連絡協議会、(公財)元興寺文化財研究所、共同通信社

後援

全国史跡整備市町村協議会

観覧料

一般 高大生 中学生以下

1,000(800)円

600(400)円

無料

  • ※カッコ内は前売・20名以上の団体料金。
  • ※高大生は学生証の提示が必要。
  • ※前売券は11月15日まで、名古屋市博物館・中日新聞販売店・主要プレイガイド・チケットぴあ(Pコード=769-909)・ローソンチケット(Lコード=43441)・セブンチケット・イープラスなどで販売。
  • ※名古屋市交通局のドニチエコきっぷ・一日乗車券を利用して来館された方は当日料金より100円割引。
  • ※障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証の提示により本人と介護者2人まで当日料金の半額。
  • ※各種割引を重複してご利用いただくことはできません。

障害者等割引観覧券のオンライン販売について

本展では障害者等割引観覧券をローソンチケットにて販売します。 (Lコード=43441)(令和元年12月28日[土]15時30分まで販売)

当日券 障害者等割引観覧券
一般 1,000円 500円
高大生 600円 300円
  • 〇上記、割引観覧券を利用される障害のある方または難病患者の方は、特別展会場に入場する際に、障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証をご提示ください。本人と介護者2名まで当日料金の半額でご観覧いただけます。 購入例:障害のある高校生1名に大人の方1名が介護で付き添われる場合[高大生300円+一般500円] でご観覧いただけます。
  • 〇手帳または受給者証のご提示がない場合は、当日券との差額をお支払いいただきます。
  • 〇会期前(11月15日まで)に割引観覧券をお求めいただく場合でも、前売割引はありません。
  • 〇事前に割引観覧券をお買い求めいただいた場合でも、介護者のみではご入場いただけません。当日券との差額をお支払いいただきます。
  • 〇場外販売はローソンチケットのみです。ローソン、ミニストップ以外のコンビニエンスストア、他のプレイガイド等では取り扱っておりません。
  • 〇従来どおり、特別展会期中に名古屋市博物館窓口でお買い求めいただくこともできます。障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証をご提示ください。

展示構成とおもな展示資料

特別展 新発見考古速報「発掘された日本列島2019」

近年発掘調査の成果がまとまり、全国で話題となった12遺跡を紹介します。

  • 旧石器時代:墨古沢【すみふるさわ】遺跡(千葉県)
  • 縄文時代:白神山地東麓【しらかみさんちとうろく】縄文遺跡群(青森県)・エリ穴遺跡(長野県)
  • 弥生時代:郡【こおり】遺跡、倍賀【へか】遺跡(大阪府)・山ノ口遺跡(鹿児島県)
  • 古墳時代:金蔵山【かなくらやま】古墳(岡山県)・行基平【ぎょうぎだいら】山頂古墳(栃木県)
  • 古代:青谷横木【あおやよこぎ】遺跡(鳥取県)・ケカチ遺跡(山梨県)
  • 中世:岩櫃【いわびつ】城跡(群馬県)
  • 近世:東宮【ひがしみや】遺跡(群馬県)
  • 近代:富山城下町遺跡(富山県)
うずくまる人物を表現した土偶

蹲踞【そんきょ】土偶 川原平(1)
遺跡 青森県埋蔵文化財調査センター蔵

さまざまな大きさ・模様の土製耳飾り

土製耳飾り エリ穴遺跡 松本市教育委員会蔵

水のマツリを表現した、家の形をした埴輪

家形埴輪 金蔵山古墳 岡山市埋蔵文化財センター蔵

特集1 福島の復旧・復興と埋蔵文化財

東日本大震災の発生から8年。いまだ復旧・復興の道半ばである福島県沿岸部、浜通り地域は、極めて個性的な文化をはぐくんできた魅力ある地域です。この地域に根付いた歴史文化を遺跡・遺物の展示を通じて紹介します。

人の顔を表現した飾りのある注ぎ口のついた土器

人面装飾付注口土器 七社宮【しっちゃみや】遺跡 浪江町教育委員会

特集2 記念物100年

本年は「記念物」(史跡名勝天然記念物)保護の取り組みが始まってから100年を迎えます。これに合わせ、「記念物」保護の歩みと未来へ伝える重要性を紹介します。

空を飛ぶコウノトリ

特別天然記念物 コウノトリ

地域展「尾張の城と城下町 三英傑の城づくり・町づくり」

序章 戦国那古野城-尾張地域の城づくりとは

 名古屋台地の北東部、中世に「那古野【なごや】」と称されていた地域は、戦国時代には今川那古野氏の拠点でした。ここを織田信長の父・信秀が攻略し、織田家の支配下となるのです。今川氏が入る以前の様相も含め、戦国の「なごや」の城の様子を紹介します。

発掘されたV字形の堀の断面

名古屋城三の丸遺跡の堀断面 愛知県埋蔵文化財センター提供

第1章 新しい時代のはじまり 織田信長の城づくり・町づくり  ―小牧山城とその城下町

 永禄6年(1563)、織田信長は居城を清須から小牧山に移しました。近年の発掘調査では山頂部全体を初めて石垣で囲んで権威の象徴とし、城下にも居住区画を設定して町づくりをおこなっていたことが明らかになりました。近世城郭と近世城下町の出発点と位置づけられる最新の発掘成果を紹介します。

しゃがんだ猿の形をした焼き物

灰釉水滴 小牧山城 小牧市教育委員会蔵

第2章 東日本最大級の都市 豊臣秀吉の城づくり・町づくり ―清須城とその城下町

 清須は、室町時代以来守護所として尾張の中心でしたが、天正14年(1586)、信長の次男・信雄が入城するにあたり、大改造をおこないました。 発掘調査からは、従来の守護館を廃して石垣と瓦葺き建物を築いたことが分かりました。さらに近年では天守の存在も明らかになりました。拡大した城下全体を堀と土塁で囲み、「関東の巨鎮」といわれるほど発展した政治・軍事・経済の要所だったのです。

金箔で桐文を浮かび上がらせた鬼瓦

金箔桐文鬼瓦 清州城下町遺跡 清須市教育委員会蔵

第3章 究極の城と城下町 徳川家康の城づくり・町づくり ―名古屋城とその城下町

 慶長15年(1610)、徳川家康により、徳川義直の居城は清須から名古屋に移されました。 巨大な天守・御殿・武家屋敷などが配置された城の中枢部を、壮大な高石垣と堀で囲み、正方形に整然と区画された町屋を中心に広大な城下町が設計されました。ここに近世城郭と近世城下町の到達点ともいえる都市がうまれたのです。発掘調査から明らかになる究極の城づくり、町づくりの様子を紹介します。

葵文の入った鬼瓦

名古屋城所用銅板鬼瓦 名古屋城総合事務所

関連事業

発掘された日本列島2019 新発見考古速報 記念講演会

 「発掘された日本列島2019」展の見どころについて

日時:
11月16日(土曜)14時から(開場13時30分)
講師:
斉藤慶吏(文化庁 文化財調査官)
会場:
名古屋市博物館 地下1階講堂(定員220名)

*聴講無料。

*当日9時30分より整理券を展覧会会場入口で先着順に配布します(1名につき1枚のみ)。

地域展 尾張の城と城下町 三英傑の城づくり・町づくり 連続講座

日時:
①11月24日(日曜)・②12月14日(土曜)・③12月15日(日曜)・④12月21日(土曜)
各回13時30分から14時30分(開場13時)
講師:
①~③ 鈴木正貴(愛知県埋蔵文化財センター 主任専門員)
④ 岡村弘子(名古屋市博物館 学芸員)
会場:
名古屋市博物館 1階展示説明室(各回当日先着100名)

*聴講無料。各回のみの参加もできます。

考古学セミナー あいちの考古学2019 最新の考古学情報発表会

愛知県を中心とした最新の考古学情報発表会です。

日時:
12月7日(土曜)・12月8日(日曜)
主催:
名古屋市博物館、愛知県埋蔵文化財センター
会場:
プレゼンテーション・シンポジウム 名古屋市博物館講堂(各日先着220名)
ポスターセッション 名古屋市博物館展示説明室(各日先着100名)
いずれも入場無料・予約不要
詳細はあいち埋文公式サイトhttp://www.maibun.com/top/をご確認ください。
  • 12月7日(土曜)
  • 13時から16時30分(開場12時30分)
    ◎プレゼンテーション&ポスターセッション
    東海地域の最新の考古学調査成果や研究成果を、市町村の担当者や研究者が発表・解説します。
  • 12月8日(日曜)
  • 10時から16時(開場9時30分)
    ◎ポスターセッション
    10時から11時20分(開場9時30分)
    ◎プレゼンテーション
    12時30分から15時30分
    ◎シンポジウム テーマ 城下町を彩った金・銀・銅
    戦国時代から近世初め頃の城下町に見られる金・銀・銅などでつくられた製品や加工技 術について、最新の研究成果をご紹介します。
    基調講演:「城下町を彩った金・銀・銅」講師:沓名貴彦氏(国立科学博物館 研究主幹)
    事例報告:清州城下町遺跡・鷺山仙道遺跡・多気北畠氏遺跡など
    パネルディスカッション

講演会・講座・考古学セミナーなどで手話通訳・要約筆記などによるサポートをご希望の方は、当日の2週間前までに名古屋市博物館までご相談ください。