展示

常設展フリールーム

伊勢湾台風63年

令和4年(2022)8月24日(水曜)から10月23日(日曜)

近年の新収資料

 今から63 年前の昭和34年(1959)9月26日、東海地方に伊勢湾台風が襲来しました。当館では令和元年(2019)に伊勢湾台風60年記念事業として特別展「治水・震災・伊勢湾台風」を開催し、その後も伊勢湾台風に関する資料の収集や調査研究に取り組んでいます。ここでは、近年新たに寄贈された新収資料を紹介します。

アルミ製の四角いカンテラ

支援物資として支給されたカンテラ 昭和後期 館蔵(川地満氏寄贈)

白水学区の伊勢湾台風

 伊勢湾台風では、名古屋港八号地貯木場に隣接する南区白水学区(現在の柴田・白水学区)周辺で非常に大きな被害が生じました。名古屋市立白水小学校で学校再開後に子どもたちが書いた作文「台風記」や、白水学区の被害状況を撮影した写真から、当時の状況を伝えます。

白い表紙の簿冊と数枚の原稿用紙

台風記 昭和34〜35年(1959〜60) 館蔵(名古屋市立白水小学校寄贈)

伊勢湾台風物語

 伊勢湾台風30年を記念して制作されたアニメ映画「伊勢湾台風物語」。実際に伊勢湾台風を体験した地元の人びとへの取材を元に制作されたこの作品は、穏やかな日常が台風によって破壊された様子をリアルに伝えました。ここでは、公開当時に映画館で販売されたパンフレットを展示します。