コレクション

ありまつしぼり つきにかりそめわけあきくさもんようきもの
有松絞り 月に雁染分秋草文様着物

 名古屋市南部の緑区には、古くからの絞り産地として知られた有松・鳴海があり、当館では絞り染めに関係する資料を収集対象としてきた。インド、インドネシア、ナイジェリア、カメルーンなどを含む国内外の絞り製品を収蔵しているが、力を入れているのは当然ながら地元有松・鳴海の絞りである。有松で木綿地の絞り染めを作り始めたのは江戸時代のはじめであった。その後は鳴海とともに絞り産地として発展し、有松絞り・鳴海絞りは東海道の名物としてもてはやされた。明治以降、有松・鳴海では絹物も扱うようになり、新しい製法・技法の工夫も相次いで、多彩な絞り技法を持つ大産地に発展した。  「有松絞り」と「鳴海絞り」は区別して呼ばれることもあるが、隣接した地域一帯で絞り生産を行っており、ここでは区別せず「有松・鳴海絞り」と書いていく。

 今回紹介する資料は木綿地に秋草と落雁を大きく描き上げ、藍(あい)一色で染め上げた着物である。文様を表現するために、その都度ふさわしい技法を使い分けており、有松・鳴海らしい製品になっている。  京都は絞りの大産地であるが、技法的にはほとんどが絹地に対する鹿の子絞りである。もちろん刺繍(ししゅう)や友禅染などを組み合わせて、高級和服にふさわしい意匠や染色に工夫が凝らされ、すぐれた製品が生み出されているが、用いられている絞り技法だけでみると鹿の子絞りや帽子絞りなど数種類に限られる。福岡県甘木などにも絵画的に大きく図柄をあしらった製品が多く見られるが、そのほとんどが鹿の子絞りを連続させた線による表現である。各種の技法を使った絵画的表現は、有松・鳴海絞りの特色のひとつといえるだろう。

 当資料に用いられている技法を見ていこう。肩の部分に大きく表された雲形は「三浦絞り」である。これは鉤(かぎ)で小さく引き上げた布に一回だけ糸をかけ、連続してくくっていく。細かなバリエーションがあるが、有松・鳴海にもっとも古くから伝えられた技法であるとされ、伝来地の名をとって、「豊後絞り」と呼ばれることもある。雲形の中を飛ぶ雁は、「折縫い絞り」で描かれる。ふたつに折った布の折り山に近い部分を浅く合わせて縫っていき、破線状に染め残す技法であり、裾近くの線表現も同じである。白い花は「帽子絞り」で表される。これは染め残す部分にビニールなどを巻いて防染する方法であり、かつては竹の子の皮を使ったため、「皮巻き絞り」ともいう。薄(すすき)の葉には「合わせ縫い絞り」という技法が使われている。これは布を二つ折りにしたまま縫い合わせて防染するもので、細長い葉の表現に効果的に用いられている。  さて、こうした有松・鳴海の絞りはどうやって作り出されたのであろうか。くくり、染め、糸とき、湯熨斗(ゆのし)などの絞り生産は絞商を中心とした分業ですすめられた。  そのなかのくくり作業は専業の職人ではなくほとんど農家の女性達の副業であったが、彼女たちが体得しているのは普通一種類の技法のみである。ひとつの製品に多種の技法を施す場合、ひとつの技法のくくり作業が終わると次のくくり手に回され順次別の技法のくくり作業を行うという方法で製作された。

 くくり手は緑区内をはじめ南区、昭和区、豊明市、知多半島、三河地方など広い範囲に所在し、その間を回り布地の配達・回収を担当したのは取次職であった。優秀なくくり手をどれだけ抱えているかが取次職の財産と言われたそうである。有松・鳴海の絞り技法は百種類を超えるといわれ、多彩な表現を可能にした。それを支えてきたのはこうしたくくり手の力であったと言えるのかもしれない。

(田中青樹)
明治 丈139cm 裄60cm